医療事務通信講座


・長く安定した仕事を続けたい
・不況に左右されない仕事に就きたい
・安定した収入を得たい
・専門的な知識を身に付けたい
・人の役に立つ仕事に就きたい
・結婚後も働きたい


医療事務の資格通信講座はとても人気があり、多くの方が受講しています。
医療事務の通信教育を行っている教育訓練施設はたくさんありますので、どの教育訓練施設を受講すれば一番いいのか迷うと思います。

当サイトでは、医療事務通信講座で人気のある教育訓練施設を紹介しています。

医療事務の資格を取得するためにも教育訓練施設選びは大切になってきますので、 自分にあった教育訓練施設を比較検討してください!

医療事務の仕事

医療事務のお仕事内容は、窓口受付や速やかな診察ができるようにカルテの管理、国や健康保険組合に提出する請求書=レセプト(診療報酬明細書)の作成から請求するレセプトなどがありあます。

医療事務のお仕事は、医師と患者さんの間に入り、患者さんの情報や書類の作成など病院やクリニックを幅広い分野でサポートする専門家といえます。

医療事務のお仕事内容

受付業務・会計事務>>
主に、患者さんに診療申込書に記入してもらったり、保険証など重要書類の取り扱いを行います。

オペレータ業務>>
現在では小さな病院や診療所でもカルテなど診療情報はコンピュータによる管理が進んでいます。 患者さんの診療情報など入力を専門に行うお仕事がオペレーター業務になります。

診療報酬請求業務(レセプト)>>
診療報酬請求業務(レセプト)の仕事は、患者さんの1ヶ月分の診察内容まとめた診療報酬明細書を社会保険支払基金や国民健康保険団体連合会に提出します。

カルテ管理>>
カルテ管理の仕事内容は、主に初めて診察に来た患者さんのカルテ作成や、再診患者さんのカルテを探し出します。

病棟クラーク業務(メディカルクラーク)>>
病棟クラークのお仕事は、外来の受付業務やカルテ管理とは違い、病棟のナースステーション内での事務処理を行います。

教育訓練給付制度の対象者

教育訓練給付制度は、現在仕事をしてる、仕事をしていない場合でも一定の条件をクリアすれば利用することができます。

教育訓練給付制度を初めて利用される方
雇用保険の一般被保険者であった期間が「通算1年以上」あれば利用できます。

教育訓練給付制度を利用したことがある方
前回の教育訓練給付制度の利用から、雇用保険の一般被保険者であった期間が「通算3年以上」あれば利用できます。

仕事を辞めて1年以内の方
事情により仕事を辞めて、一般被保険者でなくなった日から1年以内であれば利用できます。
また、妊娠や出産、育児、病気などの理由で教育訓練給付制度を受けることができない場合は、一般被保険者でなくなった日から1年以内にハローワークに申請し許可されれば最長4年まで延長することができます。

教育訓練給付金の支給額
上限を10万円として受講料の20%に相当する金額がハローワークより支給されます。
また、4千円を超えない場合は教育訓練給付金は支給されません。

医療事務通信講座の資料請求はこちらからできます

資格取得後は、就職もサポートしている通信教育がほとんどなので、
「資格を取得しても医療事務の仕事に採用されるのかな?」 と、就職に対する不安もありあません。

医療事務通信講座は教育施設によってサービスや受講料が違っていますので、
自分に合った通信講座を選ぶためにも資料を取り寄せ比較検討されるのが一番です。

医療事務講座がある通信教育
>>今すぐ資料請求<<
↓ ↓ ↓

ニチイまなびネット 教育給付金制度対象:受講料20%を給付
株式会社ニチイ学館(通学・通信・オーディオ・医科コンピュータ)
通信講座 標準学習期間 約6ヶ月
※就職サポート・無料延長制度・編入制度


ヒューマンアカデミー  教育給付金制度対象:受講料20%を給付
資格取得・キャリアアップのヒューマンアカデミー(通学・通信)
通信講座 標準学習期間 6ヶ月
※就職サポート・在籍12ヶ月


がくぶん 教育給付金制度対象:受講料20%を給付
がくぶん総合教育センター(通信)
通信講座 標準学習期間 6ヶ月
※就職サポート


ケイコとマナブ 教育給付金制度対象:受講料20%を給付
ケイコとマナブ(スクール・教室・通信)
通信講座 標準学習期間 3ヶ月~
医療事務講座のある企業をピックアップ
※独自の未公開求人がパソコンや携帯でチェック可能。