TOP >> カルテ管理の仕事内容

カルテ管理の仕事内容

カルテ管理仕事内容は、主に初めて診察に来た患者さんのカルテ作成や、再診患者さんのカルテを探し出します。

カルテ管理業務は簡単そうに見えるお仕事ですが、患者さんの診察内容が記載されていますので、紛失したり医師に間違って違う患者さんのカルテを渡すことがないように細心の注意が必要なお仕事です。

また、診察をスムーズにするためにも素早く探し出すことも大切になってきます。


診察はカルテの並べられた順番に行われますので、カルテの並べ方にも注意が必要です。

早く来院した患者さんより後に来院した患者さんのカルテを先に並べたりすると、後から来院した患者さんが先に呼ばれることになりトラブルの原因にもなりかねません。

診察が終われば会計担当者に速やかにカルテを渡します。
こちらも、回収や会計担当者に回すのが遅くなると患者んを待たせることになります。

最後にカルテを元も場所に戻しますが、間違った場所に保管すると次回来院したときにカルテが見つからない事態になってしまい、患者さんだけではなく病院全体迷惑をかけることになりますのでカルテ管理はとても重要なお仕事です。